感謝の日々です

こんにちは。

先日入院中の姑が亡くなり、寂しくも忙しい毎日を送らせて頂いてました。

少し回復したり、又悪くなったりで、なるべく姑の顔を見る時間を作ろうと、仕事中心だった毎日を姑に向けていました。

それでも、やはりこのような事になるとまだ足りなかった思いに駆られます。

そして、今回家族の存在の大きさを又改めて感じました。
我が家は私を始め、全員仕事人間の家族。

でも娘達も仕事を調整してくれて、父親のフォローや、弔問の方の対応、家の内部の手伝いなど家族一丸となって動いてくれました。
助かりました。

そして、おばあちゃんの思い出話しを笑を交えながら毎晩語り合い、楽しい時間でした。


一番長い時間を一緒に過ごしたメイは自宅からの出棺前2時間、おばあちゃんから離れずずっと寄り添ってました。

涙を誘いました。


家族は時に負担でもあります。
でも、いつか歳を重ねた時、人生の大きな出来事があった時、何かを言葉で言わなくても感じ会えるものだと今回更に実感しました。


そして又仕事モードに戻った鈴木家ですが、しばらくはおばあちゃんが繋ぐ楔に感謝しながら過ごしていく事となるでしょう。

感謝

コメント
コメントする